藤井 岳志 > 2015宇部市政に関するアンケート QLOOKアクセス解析

アンケート>藤井 岳志

名前 藤井 岳志(ふじい たけし)
期数 新人
政党・会派 日本共産党
関連情報 Facebook
Twitter
上に戻る

質問1:立候補した動機を教えてください。

 いまの市議会では、子ども・子育て支援制度の議会通過が1票差で叶いませんでした。 あと一人、賛成する議員がいれば...たくさんの悔しい思いを聞いてきました。 日本共産党の5議席を実現し、市民のみなさんの声が実る市議会へ。 自分たち若者の声があまりにも届かない時代遅れの政治を切りかえ、 若者が希望を持てる宇部市を実現するために立候補を決意しました。
上に戻る

質問2:これまでの活動内容と、今後の政策を教えてください。

→ これまでの活動
大学在学中から「無料塾」の運営に携わってきました。 福岡市、山口市、4月からの開講に向けてアドバイザーとして関わっている宇部市でのとりくみを通じて、 すべての子どもたちが等しく受けられるべき教育環境を行政の責任で用意することこそが必要だと痛感しています。 無料塾のとりくみが全国に広がっていることからも分かるように、 貧困を次世代に連鎖させないための政策が、いま求められています。

「世界一高い学費」の引き下げ、返さなくてもいい「給付制奨学金」の創設を求めて取り組んだ『学費ゼロネットふくおか』では、 福岡県内の学生から学費・一人暮らし・アルバイトの実態調査を行い、 記者発表や宣伝によって学生生活の実態を広く知らせてきました。 全国でのとりくみが実り、多くの政党・候補者からも給付制奨学金の創設を求める声があがりはじめています。

→ 今後の政策
乳幼児医療費への助成の拡充など、子育て支援の充実によって安心して出産・子育てができる宇部市へ。
地場産業・中小企業への支援を強め、若者が安心して働ける宇部市へ。
中国地方で最も高い国保料を引き下げ、介護保険料・利用料の減免を実現し、安心して暮らせる宇部市へ。
これらを実現するために以下の政策に取り組みます。

○中学校卒業までの医療費無料化
○住宅リフォーム助成制度の復活
○国民健康保険料一世帯あたり1万円の引き下げをすすめます。そのために、市町村の一般会計繰り入れを拡充し、都道府県からの独自の財政援助も進める
○介護保険料・利用料の減免
○市営住宅の新増設
○小中学校の教室へのエアコンの設置
○不要不急の大型開発から生活密着・地域循環型に、新規建設から防災・老朽化に備えた維持・更新に、公共事業を転換
上に戻る

質問3:人口増加について政策を教えてください。

  1. 子育て支援
  2. ○中学校卒業まで医療費無料化 ○学校給食の無償化 ○保育料の引き下げ ○学童保育の充実
  3. 医療・福祉の充実
  4. ○国民健康保険料の引き下げ ○介護保険料・利用料の減免 ○特別養護老人ホームの新増設
  5. まちづくり
  6. ○市営住宅の新増設 ○利用しやすい交通体系(バスの高齢者優待制度の充実、路線)
上に戻る

質問4:中心市街地の活性化について政策を教えてください。

○自動車優先・道路偏重の交通政策を根本的に見直し、住民の移動手段を守り、人間を優先した政策に転換
○中小企業憲章と小規模企業振興基本法、中小企業振興条例にもとづく支援施策
○消費税増税をさせない
○借り上げ市営住宅の継続
○郊外型開発や大型店出店の規制
上に戻る

質問5:若者に関する政策について教えてください。

○若者の定住支援のために、自治体が仕事と住まいの確保やあっせん紹介などにとりくみ
○非正規から正規雇用への転換を促進し、安定した雇用を守り、増やす
○「官製ワーキングプア」をなくす
○ブラック企業・ブラックバイトをなくす取り組みをすすめる
上に戻る