岩村 誠 > 2015宇部市政に関するアンケート>岩村誠

アンケート>岩村 誠

名前 岩村 誠(いわむら まこと)
期数 2期
政党・会派 自民党・新風会
関連情報 ホームページ
上に戻る

質問1:立候補した動機を教えてください。

これまで携わってきた“まちづくり”活動や各種のセミナーや勉強会で培ってきた思いを市政に反映させたいと思いました。
また次の時代を創っていくことが我々若者世代(当時)の使命だと思い 議員への立候補を決意しました。
上に戻る

質問2:これまでの活動内容と、今後の政策を教えてください。

自分自身が子育て世代であり、小学校・中学校のPTA活動に深く関わり、また平素、幼稚園を運営していることから、 教育・子育てについての現場の声を市政に届けています。
また、私自身の中小企業の経営者としての経験を活かし、中小企業振興に取り組んでいます。

今後は引き続き教育・子育てに取り組み“コミュニティスクール”を最大限活かし 地域全体で取り組んでいく「教育・子育てシステムの構築」を推進していきたいと考えています。
上に戻る

質問3:人口増加について政策を教えてください。

さらなる働く場の創設、また子育てし易く教育レベルの高い市にして多くの若者を呼 び込まなくてはなりません。
そのためには市の進める企業誘致や子育て政策、また学力向上の取組みを市民目線で しっかりとチェックし確実に効果が出るものになるよう現場の声を反映させていきます。
上に戻る

質問4:中心市街地の活性化について政策を教えてください。

中心市街地は現在アパートやマンションが増加し、空洞化していた人口が少しずつ増え始めています。
それらの人々の年齢層やニーズをしっかりと把握して機能を集約させた無駄の無い“まちづくり”ができるよう取組んでいきます。
また市役所の建て替えのタイミングを逃さず市役所が市街地の活性化に繋がるランドマークタワーとなるよう取組んでいきます。
上に戻る

質問5:若者に関する政策について教えてください。

普段何気なく生活していても、それは必ず誰かにお世話になり支えてもらっていることを知ってもらえるようにする。
例えばそのために宇部市独自の教材等をつくり学校や会社の研修等で若者へ勉強してもらうことを努力義務とした条例創設を奨励する。
上に戻る