真鍋 恭子 > 2015宇部市政に関するアンケート

アンケート>真鍋 恭子

名前 真鍋 恭子(まなべ きょうこ)
期数 4期
政党・会派 日本共産党宇部市議会議員団
関連情報
上に戻る

質問1:立候補した動機を教えてください。

党からの要請です。
上に戻る

質問2:これまでの活動内容と、今後の政策を教えてください。

○これまでの活動内容
・会派での市政・市議会の報告ニュースの発行と報告会の開催(真鍋恭子市議会報告を独自に作成しています)
・先進地視察とそこで学んだことを生かした政策提案
・研修会への参加
・視覚に障害のある方を対象に、宇部市広報・議会だより・すいすい便りなどを音訳し、CD・テープに吹き込んで送付する ボランティアグループ「音訳ひびきの会」会長、 西宇部校区のボランティア「ビビット」、防災ネットワークで防災士として活動、消防団に所属、その他にもボランティアとして、様々な活動もしています。

○今後の政策
・中学校までの医療費無料化
・住宅リフォーム助成制度の復活
・国民健康保険料一世帯1万円の引き下げを進めます。そのために、市の一般会計繰り入れを拡充し、県からの独自の財政支援も強める
・介護保険制度の改善と、保険料、利用料の減免
・市営住宅の新増設
・小中学校教室へのエアコンの設置
・不要不急の大型公共事業から生活密着・地域循環型に、新規の建設から防災や老朽化に備えた維持 ・更新に公共事業を転換
上に戻る

質問3:人口増加について政策を教えてください。

1、 子育て支援
・中学校までの医療費無料化
・学校給食の無償化
・保育料の引き下げ
・学童保育の充実

2、 医療・福祉の充実
・国民健康保険の引き下げ
・介護保険の改善
・介護保険料・利用料の減免
・特別養護老人ホームの新増設

3、 まちづくり
・市営住宅の新増設
・利用しやすい交通体系(バスの高齢者優遇制度の充実、路線対策)
上に戻る

質問4:中心市街地の活性化について政策を教えてください。

・自動車優先・道路偏重の交通施策を抜本的に見直し、市民の移動手段を守り、人間を優先した政策に転換
・中小企業憲章と小規模企業振興基本法、中小企業振興基本条例に基づく支援施策
・消費税増税をさせない
・借り上げ市営住宅の継続
・郊外型開発や大型店出店の規制
上に戻る

質問5:若者に関する政策について教えてください。

・若者の定住支援のために、自治体が仕事と住まいの確保やあっせん、紹介などに取り組む
・非正規から正規雇用への転換を促進し、安定した雇用を守り、増やす。
・「官製ワーキングプア」をなくす
・ブラック企業・ブラックバイトをなくす取り組みを進める
上に戻る